住友が取り組む社会課題 ~未来への羅針盤~

2050年カーボンニュートラル宣言を受け、脱炭素への取り組みが加速しています。さらに、新型コロナウイルスの世界的流行により、健康意識の変化やサプライチェーンにおける人権問題など、私たちが直面する喫緊の社会課題が浮き彫りになっています。この混迷の時代に、事業活動を通して社会課題の解決に貢献する住友グループ各社の取り組みを紹介します。

社会課題テーマ

社会課題をクリックすると、選択したテーマの解説とそれに取り組む住友グループ各社の記事が表示されます。

脱炭素

地球温暖化の原因となる温室効果ガス(GHG)、とりわけ大きな影響をもたらす二酸化炭素(CO2)の排出を抑制し、GHGの実質的排出ゼロを目指すこと。カーボンニュートラルとも呼ばれる。日本政府は、パリ協定が掲げた世界の平均気温上昇抑制と今世紀後半のGHG排出実質ゼロという目標を達成するため、2030年までにGHG排出を2013年度比で26%削減する目標を設定。2020年10月には、2050年のカーボンニュートラルを目指すことを首相が宣言した。

健康

詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■。

新しい働き方

詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■。

サプライチェーン

ESGが企業価値を測る重要な要素となったことで、企業はグループ企業や関連会社、原料調達先なども含め、製品・サービスのサプライチェーンにおけるさまざまな課題への対応を求められている。サプライチェーンにはCO2や汚水、有害物質の排出、森林破壊、海洋汚染といった環境への影響はもちろん、調達先の人権問題、労働環境、さらには企業ガバナンスなど多様な課題が存在する。こうした課題への適切な対応を行わず、情報開示等を怠ると、ひいては自社の事業に悪影響を被ることになる。

追加テーマ1

詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■。

追加テーマ2

詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■詳細テキスト入りま■。

各社の取り組み

PageTop