今に生きる住友語録

約400年にわたる住友の歴史の中には多くの言葉が残されています。真摯に事業に向き合う中で先人たちが語った言葉には、時代を超えて通用するいくつもの教えがあります。そして語り継がれてきたこれらの言葉は、住友の事業の根幹を成す精神として、今に生きています。古びることのない言葉の数々は、次代を担うビジネスパーソンたちに勇気と教訓を与えてくれるでしょう。

  • # 住友家
  • # 住友の事業精神
  • # 人材育成
  • # CSR
  • # 総理事
NEW

「焼鳥に へを御あんし候へく候」
――住友家第3代 吉左衛門友信

語録についてもっと知る

NEW

「常にこヽろを信にして 家名を失ふ事なかれ」
――住友理助家初代 友房

語録についてもっと知る

「兄弟分であることを飽く迄も失はない様に精神的に提携してやつて頂き度い」
――古田俊之助

語録についてもっと知る

「御先祖御取立被成置候 商売仕方之儀は毎日主従争論(中略)先前より御流儀ニ而候事」
――泉屋七兵衛

語録についてもっと知る

「経済生活を、利を求め営利が葛藤する修羅場とみなさず、道徳的に発達するように尽力し、住友の事業をつうじて、国家の健全なる発達に貢献し、社会の向上改善に貢献してほしい」
――中田錦吉

語録についてもっと知る

「住友家の新事業にたいする態度は、慎重熟慮をその標語としますが、(中略)在来の事業にたいする改良進歩と堅実有利なる新事業につき、常に進言を怠らないように切に希望します」
――湯川寛吉

語録についてもっと知る

「地中にて 働くことは 慣れながら 皆大山祇(おおやまづみ)に 禮(いや)して這入(はいい)る」
――川田 順

語録についてもっと知る

「大露頭(だいろとう) 赭(あか)くてそこは 雪積まず」
――山口誓子

語録についてもっと知る

「別子銅山ノ末期ニ於テ之ニ代ルベキ事業ヲ興ス」
――鷲尾勘解治

語録についてもっと知る

「あなうれし 黄金の花の移りきて 泉に千代の 影ぞ浮かべる」
――住友家第15代 吉左衛門友純

語録についてもっと知る

「五ヶ年の跡見返れば雪の山」
――伊庭貞剛

語録についてもっと知る

「この銅山(やま)を神とし仰ぎ幾代かも 掘りつぎて来しことの畏(かし)こさ」
――住友家第16代 吉左衛門友成

語録についてもっと知る

「移し植ゑし落葉松(からまつ)ここに黄葉(もみじ)して かく美(うる)はしき樹林と成りぬ」
――住友家第16代 吉左衛門友成

語録についてもっと知る

「与他産業不相同 無尽蔵中採赤銅 欲問国家経済事 半天鉄路一条通 (他産業とは同じからず 無尽蔵の赤銅を採る 問はんと欲すは国家経済の事 天を二分する鉄路が一条の道筋となって通ず)」
――広瀬宰平

語録についてもっと知る

「君子財を愛す、これを取るに道有り」 ――伊庭貞剛

語録についてもっと知る

「自利利他公私一如」

語録についてもっと知る

「企画の遠大性」

語録についてもっと知る

「萬事入精」 ――住友政友

語録についてもっと知る

「逆命利君、謂之忠」 ――広瀬宰平

語録についてもっと知る

「自分は正義公道を踏んで、皆と国家百年の仕事をなす考えである」 ――鈴木馬左也

語録についてもっと知る

「人間を磨け」 ――小倉正恆

語録についてもっと知る

PageTop