• 日暮ひぐらし別邸べってい記念館

別子べっし銅山は元禄4年(1691)に開坑されましたが、明治時代に入ると西洋の技術を取入れ急速な近代化が進められ、採掘量は大幅に増加しました。増産対応のため、製錬所は山から浜へ移るとともに増強され、排出される亜硫酸ガスが周辺の農作物に影響を与える煙害が深刻化していきました。その問題を解決するため、製錬所を新居浜から瀬戸内海の沖合20kmにある四阪島しさかじまに移転するという経営としての決断をしましたが、その意に反し、煙害は東予地域一帯の広範囲に及ぶことになりました。

日暮ひぐらし別邸べってい」は、四阪島製錬所が操業を開始した翌年の明治39年(1906)に当時の住友家第15代当主友純ともいとの命により、住友家の別邸として四阪島に建設されました。その立地は、製錬所を見通せる場所であり、煙害克服に対する当主としての強い関心の現れであったといわれています。その後、煙害をなくすための関係者による様々な対応が重ねられ、昭和14年(1939)に煙害は完全解決されましたが、問題の本質的解決を追求し続けた先人たちの取り組みは住友の事業精神そのものということができます。また、その姿勢は今日の住友グループ各社に連綿と受け継がれ、四阪島が住友の歴史を語る上で欠くことのできない地であるといわれる所以ゆえんでもあります。

築後110年余りの歳月を経て風雨にさらされた「日暮別邸」は老朽化が進んだことから、住友グループ20社が協力し、四阪島を遠望できる新居浜市内の星越ほしごえ山に移築、保存し、四阪島にまつわる先人たちが遺した歴史を広く伝えていく「日暮別邸記念館」として整備しました。2018年11月1日から一般公開となり、住友の事業のルーツである銅製錬の歴史なども併せて紹介しています。

洋館部分の地上階のみを対象とした移築工事は三井住友建設と住友林業が担当し、2016年4月から2018年9月までの30か月を要しました。 老朽化していた外壁の下見板、窓などの外部建具、また屋根瓦などは新規部材で、いずれも屋根の形状や窓のデザインなど忠実に再現しました。また、現在の建築基準法で定められた耐震性能や耐久性能に適合させるため、柱や梁は新規部材としました。一方、内装部材は極力再利用するため、建物の部材を一つひとつ取解とりとき、番付表示を行い、可能な限り元の姿を忠実に再現しました。約1万点の部材を取解き、床材・室内建具材・天井材・腰板・一部暖炉の石や煉瓦など、内部部材の約95%を移設復元しました。

移築先の立地は、四阪島と同じような雰囲気を感じられるように坂道の遊歩道を上りながら記念館に通じる作りとなっており、急ぐと息の切れる坂道ですが、島にある時と同様の展望も再現しています。

※住友グループ20社(順不同)
住友化学株式会社、住友重機械工業株式会社、株式会社三井住友銀行、住友金属鉱山株式会社、住友商事株式会社、三井住友信託銀行株式会社、住友生命保険相互会社、株式会社住友倉庫、住友電気工業株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、日本板硝子株式会社、日本電気株式会社、住友不動産株式会社、住友大阪セメント株式会社、三井住友建設株式会社、住友ベークライト株式会社、住友林業株式会社、住友ゴム工業株式会社、大日本住友製薬株式会社、住友共同電力株式会社

外観

明治期を代表する建築家、野口孫市まごいちが設計した「日暮別邸」は、明治建築の風格を今に伝える文化財級の建物として高く評価されてきました。野口孫市が英国留学から帰国して間もない時期の設計には、19世紀末に英国で流行していたアーツ・アンド・クラフツの影響を受けた、簡素ながら気品のあるモダンなデザインが随所に見受けられます。縦長の上げ下げ窓や、開き窓、煙突、応接室には、出窓、暖炉、吹き抜けなど、当時珍しかった洋風デザインが外観や内装の随所に取り込まれています。

屋根は傾斜を強めて反りを持たせ、ドーマー(飾り窓)を設けるなど洋風となっています。煙突は新たに製作したタイルで再現し、上部が細いデザインとなっており、陣笠部の煉瓦は取解き再利用しました。鬼瓦は住友の商標である井桁を入れて新たに製作、地階部の外壁は四阪島から取解いたからみ煉瓦れんがを加工したもので再現しました。

館内1階

応接室には二つの暖炉があり、石積暖炉は大島おおしま石(今治市大島で産出される銘石)で作られ、全ての石を取解き復元しました。階段下にある暖炉はベンチと組み合わされたイングルヌックと呼ばれる様式の空間になっています。

階段の親柱に彫られている果実の断面を思わせる洒落た紋様も、その一環としての造作と考えられ、優雅な曲線であらわされています。食堂のこう天井てんじょうの材料は杉材で、竿の継手は「しゃぎ」と呼ばれる伝統技法で造られています。腰壁は、杉皮材を取解き復元しています。室内建具は全て取解き復元しました。歪のあるガラスが当時の面影を残しています。

館内2階

階段を上がったホールでは、住友と四阪島の歴史など、また第一展示室では、住友の煙害克服の歴史を紹介しています。製錬所を四阪島に移転することを住友家当主に進言する伊庭いば貞剛ていごうの上申書、今治で採取された煙害の被害にあった稲の標本、最後の煙害協議会で煙害の終結が確認された協定書などを展示しています。また、塩野門之助が設計した四阪島製錬所の明治42年頃の様子をジオラマで紹介しています。第二展示室では、住友の源流事業である銅製錬の歴史について、江戸時代の和式製錬法、銅吹として住友の揺るぎない地位を築くこととなった「南蛮吹き」、四阪島で重ねた数々の改良、四阪島での知見を活かして生まれ世界屈指に進化した東予製錬所に至るまでの変遷などを紹介しています。また、最盛期には5,500人が暮らしていた、その生活の様子をモニターのスライドショーやジオラマで紹介しています。

展望台

記念館の西側に延びる遊歩道を上ると、一段高い場所に眺望の開けた展望台があります。展望台に丸く積み上げられた鍰煉瓦の囲いは、四阪島にあった大煙突の底部内径(9.7m)を模したものになっています。天気が良ければ、北に四阪島と瀬戸内海の島々や新居浜に広がる工場群、南に別子銅山のあった赤石山系を望むことができます。

ライトアップされた日暮別邸記念館の夜景は、新居浜の新たに誕生したランドマークとして、一味違った雰囲気を醸し出しています。

アクセス

日暮別邸記念館

所在地
愛媛県新居浜市王子町1番11号
開館時間
午前9時~午後4時30分まで
休館日
月曜日・国民の祝日(祝日が日曜日の場合は開館)
地方祭(10月17日)
年末年始(12月29日から1月3日まで)
入館料
無料
TEL
0897-31-5017
FAX
0897-31-5018

PageTop