井桁マークの由来

門札清水家蔵屋敷への出入り用門札
(天保時代)

住友では、井桁(いげた)マークを商標としています。その由来は天正18年(1590年)に蘇我理右衛門が京都で銅精錬、銅細工の店(屋号・泉屋)をおこし、その際「いずみ」を表すものとして「井桁」を商標として用いたのが始まりです。
井桁のマークは、昔から商家ののれんなどに多く使われており、他のものと区別がつきにくいこともあり、住友では、大正2年(1913年)に独自の形状・寸法割合を創案しました。現在もこれが踏襲されています。

CLOSE

Copyright (C) 住友グループ広報委員会(転載・複製を禁ずる)